月明りの窓辺で

想いの雫を言葉に…想いのままに心模様を綴っています。いつかあなたに届きますよう…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

何処へ





想い続けていれば

いつかまた
逢える日が
来るのでしょうか



想い続けていれば

いつかまた
微笑をかわし合う事が
出来るのでしょうか



想い続けていれば

想い続けていれば



糸は切れていなかったと

あのひとの小指を
握りしめることが
出来るのでしょうか



立ち止まったままで

忘れられずに
想い続けるこの心

これから
何処へ向えば
いいのでしょう…











にほんブログ村 ポエムブログへ
↑↑
ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします<(_ _)>

スポンサーサイト
別窓 | 想いのカケラ | コメント:10 | ∧top | under∨

こころ





あなたがいない世界は

無彩色



わたしのこころは

うごかず

うごけず


石のよう










にほんブログ村 ポエムブログへ
↑↑
ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします<(_ _)>

別窓 | 想いのカケラ | コメント:12 | ∧top | under∨

さくらのはなびらを




きみはいま
げんきですか


ぼくがいなくなったあとの
きみのこころは

なにか
かわりましたか



ぼくのこころは
きみとさよならしてから

すきまだらけになって

おもいでというなの
かぜがふくたびに

かたかたと

さみしいおとが
しています



きみは
どうですか



もしも
ぼくとおなじなら


いますぐに
はるかぜにたのんで

きみのこころに
さくらのはなびらを

たくさん
たくさん

おくります



さみしいおとが

すこしでも
やわらぐように…











にほんブログ村 ポエムブログへ
↑↑
ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします<(_ _)>

別窓 | 想いのカケラ | コメント:12 | ∧top | under∨

春風に(part2)




桜の花は

まだだけど


春風に

そっと

心の花びらを

一枚

運んでもらいましょう



お元気ですか と

あの人の胸元まで









にほんブログ村 ポエムブログへ
↑↑
ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします<(_ _)>
別窓 | 想いのカケラ | コメント:8 | ∧top | under∨

春風に




ふわりと

風に抱かれて


舞い散る花びらの

音もなく落ち行く先は

想い出という水面



未練も

覚悟も

諦めも

すべてを消して



軽やかに

軽やかに


いま


心の花びら

春風に舞う









にほんブログ村 ポエムブログへ
↑↑
ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします<(_ _)>
別窓 | 想いのカケラ | コメント:4 | ∧top | under∨

春の小径




 
空の色も

雲の形も

花のそよぎも

風の囁きも

小鳥の歌も

みんな みんな

 優しかった 
 



生きていなさい と

空が

雲が

風が

木が

花が



目にはいる

すべての自然が



わたしに

声をかけていた 









にほんブログ村 ポエムブログへ
↑↑
ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします<(_ _)>
別窓 | 独り言 | コメント:10 | ∧top | under∨

近況報告とお詫び


季節の変わり目だからでしょう。

心が風邪気味で
気分が沈みがち。

溜め息の山を作っています。



皆様のところへ伺っても
コメントするだけの気力なく
そのまま失礼しています。

ごめんなさい。



この風邪は
わたしの持病みたいなもの。

発作が治まったら
またコメントさせて頂きますね。



どうか御心配なく…





別窓 | 雑記 | ∧top | under∨

悪戯書き




砂漠化する 心

乾涸びて行く 思考


時折の

蜃気楼さえ

いまは 砂色







頬杖をつく

その手の冷たさが

心地良い



わたしは

まだ

死んではいない









にほんブログ村 ポエムブログへ
↑↑
ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします<(_ _)>





別窓 | 独り言 | ∧top | under∨

届かない想い




あなたの光は

わたしの影を
独りの影を

泣きたいほどに
浮かび上がらせて


いまも

心の奥底まで
差し込んでくるから…




あなたには

どれほどの想いを
捧げても

もう
届くことはないのに


涙は
涸れることなく

あなたへの想いを
紡ぎ続ける








にほんブログ村 ポエムブログへ
↑↑
ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします<(_ _)>
別窓 | 想いのカケラ | コメント:8 | ∧top | under∨
| 月明りの窓辺で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。